最終的な判断は?

電話相談をして、良さそうな買取店をいくつか選び、その後実際にバイクを見て行う本査定の申し込みができます。電話相談でも本査定でも、思っていた以上にいい査定額を提示されれば嬉しいものですが、他の買取店にも本査定をしてもらい比較してから決めたい場合は、本査定をしてもらうと断りにくいという気持ちになってしまいます。

特に出張査定をしてもらった場合は、わざわざ来てもらったのにすぐ契約しないのは気まずいと思ってしまいますが、本査定をしたからといって契約しなければいけないという義務はありません。査定額に納得できない場合は、売らないという選択肢もあるのです。複数の買取店に本査定をしてもらい、最終的に一番初めに査定してくれたところが高かったというなら、最初の買取店に依頼してもいいですし、他はいくらで査定してくたと交渉すれば、査定額が上がる事もあります。

出張査定の場合は、指定された場所に出向くためにガソリン代などもかかっていますから、買取店も手ぶらで帰るよりは、少し高く査定をしてバイクを持ち帰る方が得なら査定額が変わる可能性があります。最終的な判断は査定額の比較と、交渉で決めてもいいのです。ただし嘘はよくないので、正直さも大切と覚えておいてください。


電話相談の注意点

バイクを少しでも高く売りたい場合は、買取店の比較が重要です。比較せずにすぐ売ってしまうこともできますが、他に高く買い取ってくれる店があった場合は自分が損をします。仮査定はオンラインが便利ですが、その前に聞いておきたいことがあるなら、電話相談をしてみてください。直接担当者と話ができますし、疑問や不安なども解消しておけます。オンラインバイク査定でも電話で結果を知らせてもらう事ができますが、最初から声を聴いてやりとりする事で、安心できるという理由もあります。

電話相談には様々なメリットがありますが、ひとつだけ注意しておきたいのが、電話相談で知らせてもらえる査定額は、仮査定額であることです。バイクの年式や走行距離などを元に、買取店ごとの査定基準で判断しますので、仮査定額は買取店ごとに違います。一応条件をもとに上限金額を提示しますが、必ずしもその金額になるというわけではありません。バイクに傷や凹みがあればマイナスになりますし、大切に乗っていたバイクは好印象となるため、通常よりも少し高く査定してもらえることもあります。

電話相談での査定額は、仮査定ですから、正式な査定額ではありません。仮査定の時に、買取方法なども確認しておくと安心です。


電話相談のメリット

バイクを売る前に電話相談を利用するメリットを紹介します。バイクを売る時の方法はいくつか選択肢があります。それぞれにメリットはありますが、電話相談は買取店の担当者と直接話ができるので、買取に関する疑問や不安なども相談できます。オンライン査定も便利ですが、パソコンやスマホが使える環境ではない場合、すぐに利用できません。その点電話相談なら、電話ができる場所はインターネットが使える場所より多いので、仕事の移動中などでも気軽に相談できます。

今すぐバイクを売りたいが、なかなか時間が取れないという時も、何度か電話相談ができると安心です。オンライン査定と同じように、電話口でバイクの状態を伝えれば、査定担当者が仮査定をしてくれます。電話相談をしているところはいくつかありますので、電話相談で査定額を比較する事もできます。あくまでも電話相談ですから、すぐに契約しなければいけないという義務もなく、後から連絡すると伝えておけば、複数の買取店の比較ができます。

電話で仮査定をしてもらい、それを比較してから高い査定額を提示してくれたところを選べるから、より高く売りたいという人にもおすすめです。売りたいところが決まったら、電話で本査定の申し込みができます。